診療案内

歯周病

歯周病とはどんな病気?

歯周病は歯を支える骨をなくしてしまう怖い病気です。原因は歯周病菌と歯周病を悪化させてしまう数々のリスクファクターが存在することにより発症します。

最初は歯茎が腫れて、歯ブラシなどが当たると出血があります。もちろん、歯ブラシがきちんと当たっていないと歯茎からは出血すらありません。
骨が下がってきても痛みがありませんので、発見が遅れ、残念ながら気づいた時には歯を維持させることができない、ということも多々あります。

本当に多い歯周病患者さん

メディアにも多く取り上げられることが多い歯周病ですが、日本人の大人の約半分が歯周病にかかっている!なんてショックな報道もされていますよね。当医院でも初診来院患者さんの年齢別でデータをとってみたところ、50歳代の方の約半分は歯周病にかかっていることが分かりました。初期歯周病および歯肉炎を含めると90%近い患者さんの歯茎に炎症があったことが分かりました。20歳代では約60%の方に炎症(初期歯周病及び歯肉炎を含む)が見られました。

歯周病と闘うにはどうしたらいい?

昔ながらの見解で、歴史と実績がある治療法は、徹底してプラーク(細菌の塊)を取る、ということです。この「徹底して」というところがキーポイントです。患者さんの中には「歯ブラシをがんばる」ということが「徹底して」になるのだと考えている方もいらっしゃいますが、これは半分正解といったところです。もちろん歯ブラシの腕を上げることは大事なことです。正解は、歯周病の原因(プラーク)が隠れている場所まで徹底して取るということになります。

現在は免疫や乳酸菌との関係など、いろんな見解が出てきています。しかし、何をするにせよまずはプラークを取ることが先決ですし、どれだけ取れるかで予後も左右してしまいます。

プラークは時間の経過と共に口の中で作られてしまいますので、歯周病治療後は必ずメインテナンスを受けて定期的にクリーニングを行う必要があります。もちろん、発症させないためにも大事なことです。

当医院での歯周病のメンテナンス

歯周病を治癒して維持させるためには必ずメインテナンスが必要になります。当医院のような予防歯科医療が診療理念の基盤となっている医院では、ごく当たり前のことです。なぜ、メインテナンスを続ける必要があるのかというと、原因である細菌の塊、プラーク(歯垢)がなくなることはないからです。歯周病には引き起こされた症状を治してからは、健康である状態をどれだけ維持できるかが最も重要です。

歯周治療の基本的な流れ(症状によって変化します)

歯周精密検査・レントゲン検査

歯周診断

歯周病診断

歯ブラシ指導

歯石除去及び初期治療開始

再評価

必要であれば外科治療

再評価

定期的なメインテナンス

歯周病予防の強い味方

・ソニッケアー
・プリニア
・GCルシェロ(ピセラ)
・OHIS(蓄積されつづける膨大な疫学データをもとに、構築した最新知見に基づく世界基準の歯周病リスク評価ソフト。)

当医院では皆様のご希望に合わせ、保険のルールに縛られない個々の症状に最適な歯周治療(自費)もご提案しております。

お電話でのご予約 0422-36-1491

削らない虫歯治療 ドッグベストセメント療法

ドクター紹介

レミントン歯科SPデンタルのオーラルフィジシャン認定歯科医師高橋・大久保の2人を初めスタッフが20年以上にわたり、予防歯科の師として師事している山形県日吉歯科診療所の熊谷崇先生がTVに出演されました。

お問い合わせ ご意見・ご要望

初診の方へ

コミュニケーション・ギア

院長よりお伝えしたいこと

MTM(メディカルトリートメントモデル)による診療の流れ

理念・診療方針

ドクターズ・ファイル 高橋周一院長 (レミントン歯科)

医療法人 誠涼会グループ

レミントン歯科

S.P.DENTAL

ハイジア歯科

詳細はこちら

採用情報

■歯科衛生士募集
(新卒の方も大歓迎!)

レミントン歯科では歯科衛生士を募集しています。明るく前向きな方。勉強好きな方。予防医療に興味のある方一緒に勉強しませんか?

■勤務医募集
レミントン歯科では勤務医を募集しています。誠実で勉強好きな方、明るくプラス発想の方、一緒に勉強しませんか?

スルガ銀行のデンタルローン

トントン君の聞きかじった話

ページの先頭へ