歯科医療への取り組み

初診の方へ“診療方針と基本姿勢”

当院での受診に際してのお願い(ご予約前に必ずご一読ください)

お問い合わせ ご意見・ご要望

当院では、緊急の痛みの除去、応急的機能の回復は致しますがその後は必ず必要な検査を受けていただき虫歯、歯周病の原因の除去のための予防処置を行います。
砂地の上に家を建てること、水漏れの原因である蛇口を占めずにモップ掛けすることなどと同様に病気の原因(虫歯、歯周病の原因)をそのままにして歯の治療をしてもすぐに再発してしまい根本的な解決にはならないからです。
そのため、とにかく痛いところだけすぐに治してほしい、痛みを取るだけでいいといった治療をご希望の方は当院での受診はご意向に沿わない可能性がございます。
受診後に希望していないことを勧められたということがないように予めご了承の上、ご理解賜れますよう、お願い申し上げます。

当院の診療方針と基本姿勢

1.予防歯科医療を基本にしています
2.いくつかの治療方法を検討します
3.常により良い診療をご提案いたします
4.極力その場しのぎの診療はいたしません
5.口から始まる本当の健康を考えています
6.可能な限り体にやさしい、自然体を目指します
7.患者さんそれぞれに合ったバランスを考えます

1.予防歯科医療を基本にしています

生活習慣病になるためには(虫歯、歯周病も)文字通り普段の生活の習慣に問題があります。根本的な原因の解決をせずには本来の治癒や改善はあり得ません。治療の段階になって考えても手遅れの場合も多々ありますので悪くしないことが最も大事で確実です。医者いらずの健康体でいることが最も安全確実です。そのためには何をどのようにするべきなのか?ご自身で健康を守れるようにご提案します。

2.いくつかの治療方法を検討します

失ってしまった歯を治療する場合には材料と技術的な選択が必要でそれによって必要な治療費 機能的な満足度、審美的満足度、体への安全性など治療期間などが変わります。

3.常により良い診療をご提案いたします

治療方法にはいくつかの選択肢がありますが、私たちは本来の天然の歯が最高の状態ということを知っているのでなるべく皆さんの元の歯の状態に近づけることをご提案いたします。
どうでもよいというような治療の提案は致しません。

4.極力その場しのぎの診療はいたしません

応急処置を除いてその場しのぎの治療は致しません。
結果的に歯の健康を損なうことがわかっているからです。

5.口から始まる本当の健康を考えています

私たちは口から入っていく物でのみ生きています。命の入り口であるお口の環境によって健康状態も変化します。より良く食べる。美味しく食べる。笑顔で楽しい会話をする。
お口の健康なくしては、心も体も健康とは言えません。

6.可能な限り体にやさしい、自然体を目指します

野生の動物は本来病気にはなりません。薬もサプリメントも必要としません。
人間的な生活をする中で必要とされてきた薬では生活習慣病の根本的な原因はなくなりません。 出来るだけ自然に近い状態が理想とするなかで、失ってしまった歯の機能の回復に使用する材料、処置において一時的に必要とされる薬の選択をしていきます。サプリメントもご提案する場合もありますがかなり限られています。

7.患者さんそれぞれに合ったバランスを考えます

患者さんは一人ひとりに症状、生活環境が違います。費用をかけた最高の治療が全ての人に最善ではないこともあります。無理強いは致しませんので 皆さん一人ひとりがご自身の健康を考え
バランスを取り、必要と思われる治療を選んでください。

歯科における保険診療と自由診療(医科との違い)

保険診療は最低限の機能の回復を目的として非常に安い治療費で日本のどの場所でも平等に治療を受けられます。その反面 治療の質を目的とした材料の選択、技術的な要望、審美的な要望等は叶えにくいという現実があります。
予め国が決めた予算の中で行われる治療ルールの限界があり、日々増していく患者さんの治療環境に対するご要望にはそぐわないことがあります。
対して自由診療は、保険で決められたルールに縛られず最良最善の診療を追及する事が出来ます。

保険診療では最善の治療を望むことは殆どの場合出来ないかもしれません。
私達はより良い治療と結果が期待できればそちらの方をお勧めいたします。
最終的な判断は検査結果による複数の治療方針を考慮して決めましょう。
判断の基準となる事はご説明いたしますが患者さん一人ひとりが持つ健康観、人生観、価値観が違いますので無理強いは致しません。医者任せにせずご自身で判断をすることも大事です。(健康は自分で守る)

詳しい説明は《院長より お伝えしたいこと》をご覧になってください。

大切に思うこと 失ってしまってから、ことの重要性に気づくことは多々あります。
人間は自分の身に起こるまでは他人事・対岸の火事として慌てることはありませんがいざ自分のことになると大慌てをしてしまいます。
不治の病に至ってはなおさらです。ある意味虫歯も同様で、歯を失ってしまうと本当の意味では歯はよみがえりません。ことが起きてからではうしようもないこともあります。
医者は神様ではありませんから出来ないものは出来ないのです。医者のせいにしても仕方がないことです。良く効く薬には必ず副作用もあり、必要のない薬はただの毒薬になる可能性を秘めています。病気になって初めて健康の有難さを知り、健康に戻るためには費用も時間も必要になり多くの犠牲を払わなければなりません。
普段から健康体でいることの意味と知識方法を身につけておきましょう。巷の流行の健康情報に振り回されず、薬やサプリメントに頼らずとも健康でいられるように人として人間らしい生活の中にも身のバランスをとる余裕を身につけていきましょう。

バランスの重要性

○○が良い という情報があるととたんにそちらに耳を傾ける
逆に○○が悪いという情報があるとあっという間に止めてしまう。

日本人はとにかく流行の物が大好きです。毎日毎日あふれんばかりの健康関連情報やサプリメントの物販の多さに本当びっくりしてしまいます。本当に良く効くならどうしてこんなに病気がちの人が多いのでしょう?

本当の健康はもっと身近なところにあります。人間は野生から離れた生活、食事の習慣によって人間特有の病気体質を作り上げてしまいました。病気が増えるとともに薬と対処療法的な治療方法も増えていきました。薬の副作用を抑えるための薬・・
人工的な環境の中で崩れていく生活習慣、心身ともに頑張りすぎて壊れてしまうこともあります。
いろいろなしがらみから逃れて野生に近い生活に戻れば本来の健康を取り戻すことも多いはずです。 
薬をはじめとする対処療法はあくまで一時的に必要なもので本来は原因である何かを変えることが必要です。
薬に限らず、全ては過ぎると良くありません。お砂糖でも醤油でもお酒でも取りすぎれば全て体調を壊します。適量であれば良いことも過ぎれば余計な物に変化するのです。やさしいアドバイスも言い過ぎればただのおせっかいになるように・・・。
煙草は吸うけれど癌にはなりたくない。
お砂糖の入ったデザートはやめられないけれどフッ素入り歯磨き粉は危険と聞いているから使用したくないなどなどバランスを欠いた言動が多くなっています。自然の摂理は尊いもので、人間だけが特別なわけではありません。バランスをとりつつ健康と幸せを願いましょう。

お電話でのご予約 0422-36-1491

削らない虫歯治療 ドッグベストセメント療法

ドクター紹介

レミントン歯科SPデンタルのオーラルフィジシャン認定歯科医師高橋・大久保の2人を初めスタッフが20年以上にわたり、予防歯科の師として師事している山形県日吉歯科診療所の熊谷崇先生がTVに出演されました。

お問い合わせ ご意見・ご要望

初診の方へ

コミュニケーション・ギア

院長よりお伝えしたいこと

MTM(メディカルトリートメントモデル)による診療の流れ

理念・診療方針

ドクターズ・ファイル 高橋周一院長 (レミントン歯科)

医療法人 誠涼会グループ

レミントン歯科

S.P.DENTAL

ハイジア歯科

治療費について

詳細はこちら

採用情報

■歯科衛生士募集
(新卒の方も大歓迎!)

レミントン歯科では歯科衛生士を募集しています。明るく前向きな方。勉強好きな方。予防医療に興味のある方一緒に勉強しませんか?

■勤務医募集
レミントン歯科では勤務医を募集しています。誠実で勉強好きな方、明るくプラス発想の方、一緒に勉強しませんか?

スルガ銀行のデンタルローン

トントン君の聞きかじった話

ページの先頭へ